裁判員制度について学ぼう裁判員制度のQ&A > どのような事件を扱うの?

どのような事件を扱うの?

裁判員制度の対象事件は、一定の重大な犯罪であり、
具体例は、以下のとおりです。

1 人を殺した場合(殺人)

2 強盗が人にけがをさせる、あるいは
  死亡させた場合(強盗致死傷)

3 人にけがをさせ、その結果、死亡させた場合(傷害致死)

4 ひどく酒に酔った状態で、自動車を運転して人をひき、
  死亡させた場合(危険運転致死)

5 人が住んでいる家に放火した場合(現住建造物等放火)

6 身代金目的で、人を誘拐した場合(身代金目的誘拐)

7 子供に食事を与えず、放置して、死亡させた場合(保護者責任者遺棄致死)

など


裁判員制度Q&A 
(参考・「よくわかる!裁判員制度Q&A」最高裁判所発行 2007年9月発行)



        ⇒次の記事  交通費や昼食代は出るの?

当サイトについてと免責事項

  • 裁判員制度について学ぼうは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2008-2014 copyright(c) 裁判員制度について学ぼう All Rights Reserved.