裁判員制度について学ぼう裁判員制度について > 裁判員制度について

裁判員制度について

裁判員制度」は、平成21年5月21日までにスタートすることが決まっています。

最近は、新聞やポスターなどでも告知されているので
言葉だけはご存知の方も多いのではないでしょうか。

裁判員制度とは、国民が裁判員として刑事裁判に参加し、
被告人が有罪かどうか、有罪の場合はどのような刑にするか
裁判官と一緒に決める「国民の司法参加」を実現する制度です。

でも、実際には、国民全員が参加するわけではなく、
裁判員に選ばれるのは3500人に1人
まず、自分が選ばれるわけはないと思っている方が大部分でしょう。

私もそんな一人でした。
でも、実際にどういった制度なのか、この目で確かめたいと思った私は、
自分が住んでいる県の地方検察庁が主催する
裁判員制度 模擬評議」に応募してみました。

すると、当選し、後日検察庁に呼ばれ、実際の裁判員制度と同様に
ある架空の事件を6人の裁判員と3人の裁判官で、評議することになりました。

4時間にわたり、被告人の罪について話し合いました。
そして、有罪か無罪か、そして有罪の場合の量刑までを決めていきました。

これは、かなりいろいろなことを考えさせられる経験になりました。
「裁判員制度」がなぜできるのか、というのが自分なりにわかった気がします。
(くわしくは、「模擬評議に参加」のカテゴリーで述べます)

裁判は、他人ごとはないのです。
ある日突然、誰かが被害者になり、誰かが加害者になる。それが実状です。
無関心こそ、最大の罪なのかもしれません。

同じ社会に生きる人間として、一人ひとりが問題を共有して考えよう、
というのが、裁判員制度発足の意義なのでしょう。

裁判員制度が発足されたら、誰もが裁判員候補者に選ばれる可能性があります

あなたも一緒に「裁判員制度」考えてみませんか。



        ⇒次の記事  裁判員制度とは

当サイトについてと免責事項

  • 裁判員制度について学ぼうは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2008-2014 copyright(c) 裁判員制度について学ぼう All Rights Reserved.