裁判員制度について学ぼう映画等で見る日本の裁判 > ゆれる

ゆれる

2006年公開の日本映画。
監督は西川美和。

裁判中心の映画ではないものの、裁判シーンが重要な役割をもつ映画なので
管理人もおすすめの作品。

映画ゆれる

ストーリー

オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。
一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。

母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、
智恵子が吊り橋から転落死してしまう。

殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、
ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、
タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。

都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。
映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。

西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、
観る者のイマジネーションをかき立てまくる。

背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、
兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、
彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。

あのとき吊り橋で、何が起こったのか?
その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは
目に焼き付いて離れない。

兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に
共感してしまうはず。

家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。

キャスト 
オダギリ・ジョー
香川照之
伊武雅刀
新井浩文
真木よう子
木村祐一
ピエール瀧
田山涼成
河原さぶ
田口トモロヲ
蟹江敬三


 



        ⇒次の記事  裁判員制度の歌

当サイトについてと免責事項

  • 裁判員制度について学ぼうは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2008-2014 copyright(c) 裁判員制度について学ぼう All Rights Reserved.