裁判員制度について学ぼう映画等で見る日本の裁判 > それでもボクはやってない

それでもボクはやってない

2007年1月20日に公開。
監督 周防正行。
日本の刑事裁判に疑問を投げかける社会派の作品。


周防監督は、2002年に東京高裁で逆転無罪判決が出された事件を
きっかけに痴漢冤罪(ちかんえんざい)に関心を持ち始め、
自ら取材した数多くの同種事件の実在エピソードを作品中に散りばめるなど、
痴漢冤罪事件を通じて、日本の刑事裁判の実態を映像化している。

映画それでもボクはやってない


ストーリー

正社員を目指すフリーターの金子徹平は、朝の通勤通学ラッシュのために
大混雑する電車で就職面接に向かう際、全く身に覚えが無いにもかかわらず、
女子中学生から痴漢呼ばわりされてしまう。

あえて無実の罪を認める事で被る損失を最小限に抑えるという
妥協の道もあったが、徹平は、あくまで濡れ衣を晴らそうとしため、
誤認逮捕を経て不当起訴されることとなる。
そして、徹平と彼の支援者達の長い戦いが幕を開ける。

はたして、長い裁判の末に徹平が受けた判決は、有罪か無罪か?


キャスト

加瀬亮
瀬戸朝香
役所広司
もたいまさこ  他

監督 周防正行
製作総指揮 桝井省志
製作 亀山千広
関口大輔
佐々木芳野
脚本 周防正行



        ⇒次の記事  半落ち

当サイトについてと免責事項

  • 裁判員制度について学ぼうは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2008-2014 copyright(c) 裁判員制度について学ぼう All Rights Reserved.