裁判員制度について学ぼう映画等で見る日本の裁判 > 12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

1991年制作の日本映画。
監督は『櫻の園』の中原俊。
三谷幸喜の戯曲『12人の優しい日本人』の映画化。

『十二人の怒れる男』を元に、日本にも陪審員制度があったらという法廷劇。

映画 12人の優しい日本人

一つの部屋の中で、背景も考えも全く違う12人が、
ある殺人事件をめぐって激論を交わすというもの。
日本人の人の良さや優柔不断さがコミカルに描かれていて
裁判員制度が実際に始まったら、こんなふうになるのではないかと思わせる。


映画のほとんどは、ひとつの部屋で交わされる12人の会話だけで成り立っている。
アメリカの『12人の怒れる男』をモチーフに、陪審員制度が日本にあったら、
という仮定のもとに作られた話ですが、本家に負けず劣らず、
二転三転の展開がなかなかおもしろい作品。

ストーリー

ある殺人事件の審議のため、12人の陪審員が召集される。
その審議は、被告が若くて美人であるために、陪審員全員が無罪で一致し、
早々に終了して皆が帰ろうしかける。

しかし、それを陪審員2号が引き止め、無罪の根拠を問いただし始め、
審議は混迷を極めていく……。


キャスト

塩見三省:陪審員1号。体育教師。以前にも陪審員になったことがある。
相島一之:陪審員2号
上田耕一:陪審員3号。喫茶店のマスター。のんべぇ。
二瓶鮫一:陪審員4号
中村まり子:陪審員5号。公判の内容を手帳にメモしていた。
大河内浩:陪審員6号。会社に戻らなければいけないらしく、早く切り上げたがっている。
梶原善:陪審員7号。気性の激しいサラリーマン。
山下容莉枝:陪審員8号。子持ちの奥さん。少し行動や言動が変わっている。
村松克己:陪審員9号。白いスーツを着こなす歯科医。
林美智子:陪審員10号。気弱な老婦人。
豊川悦司:陪審員11号。物語中盤で弁護士ということを明かす。しかし実際は役者である。
加藤善博:陪審員12号



        ⇒次の記事  それでもボクはやってない

当サイトについてと免責事項

  • 裁判員制度について学ぼうは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2008-2014 copyright(c) 裁判員制度について学ぼう All Rights Reserved.